MORRISON & CO., LTD. - TOPICS 2024

TOPICS

パンクアート展

CJS01

相変わらず精力的な活動で大忙しのパンクマガジンのジョン編集長。
ここのところは地元ニューヨークでの参加型アート展で盛り上がっている様です。

CJS02

このアート展は、以前からジョンさんが看板・ポスターやTシャツのデザインをしている老舗ビンテージアパレル店、メトロポリスの店内で5月半ばから開催されています。

CJS03
初公開のラモーンズやパンクミュージシャンたちの写真、販売されているそうです!

CJS04
ジョンさんがメトロポリスの為に描いたイラストも!

CJS05
パンクマガジンの表紙のコラージュなど。全て販売されています!

CJS06

CJS07
左端はラモーンズのマネージャー、ダニー・フィールズ!
その隣はジョーイが晩年に参加していたバンド、ブラックファイアのPVを撮った女優で映像作家のアイシャ・クイン!
右端はラモーンズのドキュメンタリー映画を撮ったマイケル・グラマリア!

このアート展、パンクバンド「ラモーンズ」の展示、特にボーカルの故ジョーイ・ラモーンの写真や絵が多いのにお気付きでしょうか?これは毎年恒例のジョーイ生誕祭に合わせてジョンさんが企画したからなのです。
ジョーイ生誕祭は2001年にジョーイがリンパ腫で他界してから毎年行われているライブ音楽イベントで、その売り上げはリンパ腫基金に寄付されています。今回その生誕祭同様に、アート面でも寄付をサポートしよう!とジョンさんが呼びかけ、この展示が実現しました。パンクマガジンのイラストレーター達、そしてラモーンズ関係者や写真家、映像作家等、多くのアーティストが参加しています。

CJS08

CJS09
パンクマガジンのイラストレーター、クリフさんも参加!

そして絵を描くのが好きで、パンクやラモーンズが好きなら誰でも参加可能な「カートゥーン・ジャムセッション」も開催。ジョンさんやパンクマガジンのイラストレーター、ジョンさんの後輩にあたるニューヨーク市内の美術学校SVAの生徒たちが共演し、楽しい壁画が完成しました!

アート展は好評の為期間を延長、ジャムセッションも数回に渡って行われましたが、その甲斐があってか、ジョンさんからニュースが!

「僕たちの2001年からの活動でリンパ腫基金に集まった金額が累計10万ドルを達成したんだよ!!」

素晴らしいですね!! 

ちなみに展示作品の販売は継続していて、現地に赴かなくても購入可能です。販売作品の目録があるそうなので、ご要望の方はご一報ください!