MORRISON & CO., LTD. - TOPICS 2024

TOPICS

2つのパンク展、続報

前回までにお伝えしたニューヨークで行われている2つのパンク展の続報が入りました。

PE01
ザンボニスというバンドの「Joey Saves」という曲の、アイスホッケーをするラモーンズというシュールなPV

パンクマガジンのジョン編集長企画のパンクアート展はいよいよファイナル、7/6にクロージングパーティが行われる予定です。
午後2時から短編ビデオの上映: 上の画像にあるビデオをはじめ、ラモーンズのPVやジョンさんの短編アニメなど、未公開の物を含め20本を超える作品が観れるそうです!
3時からはラモーンズのジョーイの晩年を追った短編映画も上映される予定。

PE02
カートゥーン・ジャムで描かれた『地下への階段を下るラモーンズ』。
ラモーンズの曲と現代アートの父、マルセル・デュシャンにインスパイアされたとのこと

4時からは好評のカートゥーン・ジャム、絵を描く人なら誰でも参加できる壁画制作イベントです。ジョーイ生誕祭やアート展の売上同様、出来上がった作品の売上がリンパ腫基金に寄付されるそうで、現在オンラインでオークションが行われています:

https://punkmagazine.betterworld.org/

「リンパ腫基金への寄付累計10万ドルを達成できたから、次のゴールは20万ドルね!」
とジョンさんも意気込んでいます!

一方、写真家ゴドリスの参加しているパンク写真展、好評につき会期が夏いっぱいまで延長されましたが、ゴドリスさんがその様子を映像で送ってくれました。
「インスタグラムにもあげたから観てみて!」

因みにゴドリスさん、大手雑誌「ニューヨーク」誌の人気オンライン記事、「Who Ate Where」で、1977年に撮った写真が紹介されています。

PE04
トーキングヘッズのベース、ティナ・ウェイマス(左)とギター・ボーカルのデビッド・バーン(右)

Who Ate Whereは、ニューヨーク市内の飲食産業の歴史を紹介する人気コラムで、市内のレストランやカフェなどで撮影された有名人の写真を中心に構成されています。ゴドリスさん撮影の写真は『Locale』というレストランで食事をしているバンド、トーキングヘッズ。
デビッド・バーンとティナ・ウェイマスが若いですね!!

https://www.grubstreet.com/article/who-ate-where-image-gallery.html