TOPICS

ニューヨーク市立博術館

ニューヨークの5番街、美術館や博物館が並ぶミュージア
ムマイルと呼ばれる地区にある ニューヨーク市立博物館
は、ニューヨーク市の歴史と文化がテーマ。その膨大な
コレクションと展示品の幅の広さが人気です。

MCNY1

その常設展示 「New York at Its Core」 で、 ジョン・
ホルムストロムが表紙イラストや編集を手がけた1976年
発行のパンクマガジンの第一号や、 写真家ロベルタ・
ベイリーの撮影したラモーンズの写真、ゴドリスの撮影
した伝説のライブハウスCBGBの外観の写真などが展示
されています。

MCNY2

MCNY3

この展示は年代別にその時代におけるニューヨーク市の
文化や音楽を紹介する人気の展示で、 その70年代NYダ
ウンタウンの音楽シーンの展示に彼らの写真が含まれて
いるのです。

さらに博物館のウエブページ「Notable New Yorker」
には最近になってロベルタのインタビュー記事も掲載さ
れました。

インタビューでは一時期住んでいたロンドンから地元の
西海岸に帰る途中、 立ち寄ったニューヨークが気に入
り、そのまま住むことを決めたという話しや、人伝いに
CBGBで働くことになったのが縁で、パンクマガジンの
写真担当になった事、 カメラを買って3か月後には
Ramonesのアルバムカバーになる写真を撮ったエピソ
ードなどが語られています。
また住み慣れたイーストビレッジに関して「再開発や世
代交代によって変化していくのは仕方のない事」とコメ
ントする一方で、 その逆境の中でも、地元に根付いた文
化が多くの人たちに支援されていて、 70年代から続く
クリエイティブなコミュニティも生きながらえている、
という現状を語っています。

インタビュー記事(英文)は以下からご覧いただけます:
Roberta Bayley: Notable New Yorker