TOPICS

ジョン・ホルムストロム個展

19201

この絵をご存知でしょうか?
これはパンクマガジン編集長でイラストレーターの
ジョン・ホルムストロムが描いた、パンクバンド
『ラモーンズ』のアルバム『ロケット・トゥ・ロシア』
の裏表紙、、、

19202

ではなくて、実はその裏表紙イラストの象徴とも
いえるロケットとそれに乗る「ピンヘッド」という
キャラクターの部分を抜き出してラペルピンにした
ものなのです!!
デビュー当時のラモーンズとは特に親密だったジョン
編集長は、パンクマガジンで彼らの特集を組んだり、
アルバムのイラストを手がけたりしているのですが、
40年以上たっても作品がこの様な形で愛されている
なんてすごいですね!

ジョン編集長も、自身の作品がラペルピンになった事
には驚きと喜びでいっぱいだった様で、それと同時に
「いつか自分が携わったラモーンズ関連のアートを
集めた個展をやろう」と閃いたそうです。

そのアイデアが生まれてから数か月; 
実現してしまいました!

19203
この個展はジョン編集長が手がけたラモーンズの
イラストや漫画、アルバムアート、ポスター、さらに
それらにインスパイアされたパロディやファンによる
作品などまで、ジョン=ラモーンズの全てを集めた様な
展示になる模様、楽しみですね!

個展「 ALL THE STUFF I DID WITH RAMONES 」は
前回お知らせした「夏・ビーチ」でパンクな写真展
「Summer & Smoke」と同じ、ニューヨークダウン
タウンの72Galleryにて、9/5から10/17まで。